RF冒険記(裏)

徹底的に硬くなってやろうというもの。 7月26日

この地に配属され、約一年。
ようやく、一次転職の域に到達する事が出来たでござる。

ずっと迷っていた進路だが、我らアクレシアの民は「身体の頑強さ」が売りの一つなので、それを最大限に生かすべく、拙者はグラディウスの道を選ぶ事とした。
言語回路も新型に交換させ、これで心置きなく修行に励む事が出来ようというものだ。

最強の盾への道は、まだまだ遠いでござる。


頭だけ替えても、何ともしまらないロボ…。 7月25日

Lv28到達で、遂にヘッドパーツが「角突き」タイプとなったロボ。
これでHughも、晴れて指揮官機だロボ(←違います)
し・か・し、今の装備品はどれもインテなので、装備を変更しない方が、よっぽど防御力に優れるというワナ…(苦笑)

やれやれ、どうやら衣替えは転職後まで我慢のようだロボ。
どうせなら、転職時にこのロボロボ喧しい旧式の言語回路も交換させるロボ。
※自分でも気にはしているらしい。


どんどん狩りまくるロボ!転職は目前だロボ! 7月24日

中の人がようやく落ち着いて来たので、訓練再開だロボ。
こればっかりは、Hughは何も悪くないロボ。

さくさく稼いで、Lv27(42%) → Lv28(51%)に。
Lv30も、いよいよ目前!
どっちに転職するか、本当に悩むロボ。


とりあえずは補給だロボ。 4月21日

Lv23 → Lv27に。なかなか良いペースだロボ。
Hughがちょいと本気になれば、ざっとこんなもんだロボ。
しかし、この調子で行けばLv30到達も、そう遠くないと思われるのだが、一つ問題が出てきたロボ。

・パニシャーで、ネットでちくちくと足止めして嬲り殺し。
・マーセナリーで、雑魚相手に俺KATEEEEEEE!!!!


うぅむ…正反対だが、どっちも魅力的だロボ。


やっとコイツを見つけられたロボ…。 4月20日

ようやく訓練再開…ここまで短いようで長かったロボ!
何かマップデータが
「プリインストール扱い」になったらしく、何処へ行っても道が判るようになったロボ!
お陰で、何処に行けば見つかるのかさっぱりだったバルキーランカーを、ようやく狩る事が出来たロボ!

この調子で、一次転職までガンガン行こうぜだロボ!


いそげいそげいーそーげー!!! 2月27日

あっ!あーッ!!ちょ、ちょっと待つんだロボ!!

まだ、転職してないッ!もうちょっと!もうちょっとだから!!!

(ブツッ)

間に合いませんデシタ…_| ̄|○


アクレシアの「消毒部隊」とは、俺様の事だロボ! 11月5日

一度やってみたかったシリーズ!

汚物は消毒だロボーーーー!!

しっかし、火炎放射器なのに、燃料は
「水属性」とは
これいかにロボ?


だぶる・とまほぉぅぅううく!だロボ。 10月28日

ふ…不覚だったロボ。
リトルレジュを狩る依頼を受けて、鉱山へ向かったものの、うっかり
地図を忘れてしまい、一ヶ月も鉱山をさ迷い歩く羽目になったロボ。

もう来る日も来る日も同じ様な風景で、メゲそうだったロボ。
誰か一人くらい、捜索願出してくれてもいいじゃないロボ。

とりあえず、もう二度とこんな目に遭わぬよう、とっととマップデータを買いに行って来るロボ。


すいません、すいません、本気と書いてマジですいませんロボ! 9月11日

ぬわっ!?
寝過ぎたロボ!
訓練に疲れ果てて、うっかり外で野宿したら、そのままバッテリーが尽きてしまったロボ!

大地に埋まっていたHughを、誰かが掘り起こして助け出してくれたものの、時間は3ヶ月以上も経ってしまっていた訳で…

あぁそりゃもぅ、
血が出るくらい怒られましたロボ。
(え?機械の身体では血なんか出ない?比喩だ、比喩ロボ!)


近接装備なのは、気にするなロボ。 5月27日

基礎訓練を終え、ついに惑星ノバスに配属となったロボ。

支給されたのはナイフ一本と、チャージャーが各10個…
ってアドミンっ!アンタ意外と
ケチだな、ロボ!

Hughが格闘戦を得意としているからって、ナイフ一本だけ持たせて
鉄砲玉扱いってのは、幾ら何でもあんまりだロボ!

とはいえ、嘆いていても仕方無い。
その辺の雑魚にでも八つ当たりして、憂さ晴らしするロボ。
さくさくレベルアップを重ね、ランチャーをぶっ放しまくると実に気持ちが良いロボ。快感だロボ。癖になりそうだロボ。